スポンサードリンク

慢性腎疾患がナタマメ茶で改善! 

 腎臓を助けるナタマメ茶のコンカナバリンA


 腎臓はひとたび悪くすると、元には戻らないといわれていたそうです。
 腎機能が弱まると、尿素がからだの中に残され、血液をめぐって脳へ。
 脳の神経をボロボロにして、若ボケを誘発するともいわれています。

 しかし、近年の研究でナタマメに含まれるたんぱく質、コンカナバリンA
が、腎臓のろ過機能を修復するはたらきが発見されました。
 実際に、慢性腎疾患を患っていた肩が、3ヶ月ナタマメ茶を飲みつづけて、 
症状が改善した例もあるとのこと。

 ナタマメ茶にはコンカナバリンAのほかにもカナバニン、ウレアーゼなど
腎臓にいい成分がいっぱい。腎臓機能の改善や、利尿作用の促進、むくみを
ふせぎ、抗炎症作用などさまざまな効能が期待できます。

 ナタマメは生食すると若干毒性があるので、お茶として飲むのが一番
いいとのこと。

@ ナタマメ茶は、ナタマメをフライパンで炒って

A ミキサーにかければできあがり。

 ふつうのお茶のように茶漉しで淹れましょう。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42243205

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。