スポンサードリンク

免疫力UPカテゴリの記事一覧

マンガで免疫力UP?!

「笑いとビタミンCの力で強直性脊椎炎が治った」
 
 これはアメリカの作家ノーマン・カズンズ氏の体験です。
 カズンズ氏は1964年、からだが次第に動かなくなる、
口も開けられなくなるという「強直性脊椎炎」にかかりました。

 医師もこの病気の治癒の見込みは500に一つ、治癒例を
見たことがないと宣言。

 カズンズは医師が治療できないというなら、と「ストレスが
病気を作る」というストレス学のセリエ氏の学説に従い、自分で
治すことを決心します。

 すべての薬をやめ、日々こころに希望を持ち、よい感情で
満たすように心がけ、さらに気持ちを明るくするために笑うよう
工夫しました。
 面白い映画のビデオやコミックスを集め、できるだけ
大声を出して笑ったのです。

 すると笑った直後で血沈が低下。(強直性脊椎炎の場合、血沈が
亢進する)

 これをつづけて2週間後、プエルトリコの海岸で遊べるほどに
回復してしまいました。

 笑いと免疫力が関係することは、最近あちこちでも研究されて
いますが、モトはこのカズンズ氏の体験が米国の医学雑誌の権威 
が発表されてからでそうです。

 病気になると辛気臭くなりがちですが、免疫力UPのためにも
あえて爆笑すべきなのですね。






わりばしで免疫力UP

 カンタン♪ わりばしで免疫力UP


 七日間のうちに両親を失くし、悲嘆から結核になってしまった人が
いました。頃は江戸時代。ペニシリンもなく、余命いくばくもないと
なった時、その人は、

「明るい心こそ病気を治す」

 と一念発起。
 ことあるごとに人が「おかしくなったのか」と思うほどに笑い
ころげました。ヾ(=^▽^=)ノ

 するとみごと結核が快癒。(゚Д゚)クワッ
   
 これは黒住教、黒住宗忠の体験です。

 さて、笑い免疫力UPになることはよく知られておりますが、
なかなか免疫力のために笑ってばかりもいられません。

 そこでわりばし。わりばしで強制的に笑顔を作ってしまいます。
 これを咥え、ニッと頬をあげているだけで、笑わなくても免疫力は
あがるそうです。
 三分ほど咥えておいて唾が出るたびに飲み込むと免疫力があがって
よろしいとのこと。

〔参照: 誰にでもできる気のコツのコツ 安田隆著〕

 でも、本当に笑えれば一番ですね。(≧▽≦)






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。